株式会社石川鋳造所|トップページへ

将来に繋がる新たな鋳物造りに
真摯に取り組む 株式会社石川鋳造所

お問い合わせ お問い合わせ
認められた技術 認められた技術

消失模型について

  1. 1.中子を必要とせず、複雑な形状の製品も製作が可能。
  2. 2.鋳肌面及び寸法精度が向上する。
  3. 3.鋳抜き化が安易で、機械加工が省略でき、機械加工費の削減が可能。(ニアネットシェイプ)
  4. 4.鋳バリの発生が少なく、外観が向上する。
  5. 5.内部欠陥が少なく、品質の向上が計れる。
  6. 6.組み立ての必要な製品でも模型時での一体化をすれば一体化鋳造が可能。
  7. 7.抜き匂配等の余肉が減少し、重量の低減が可能になり、製品のコストダウンが実現。
  8. 8.鋳物の試作が容易になり、設計加工の省略ができる。
  9. 9.型は発泡スチロールなので造形作業が軽作業である。


1.発泡模型接着
2.塗型作業
3.フラスコに埋設
4.注湯作業
5.フラスコより製品取り出し
6.仕上げ前の製品
7.ショットブラスト加工
8.仕上げ加工
9.完成品



協賛

消失模型鋳造工場における生産管理システム構築

消失模型鋳造工程の要となる振動造型機の開発とソフト構築のため、石川鋳造所現有の振動測定・解析用機器(振動計・パソコン等)、制作予定の卓上用小型振動テーブル、様々な小物発泡樹脂模型および文献資料を企業育成室に集約設置して、鋳砂の振動充填形態に関する模擬テストを企画・実施する。
その上で、各現場のニーズに応じた造型機の開発並びに依頼があれば消失模型鋳造工場の生産管理システムを提案する。


業務の概要

消失模型鋳造法は煙・産廃とは無縁で、バリ・駄肉・押湯が不要なニアネットシェーブな鋳造が可能となる優れた新プロセスであることが知られている。しかし、ライン整備、とくに造型機の本格的な研究開発が行われておらず、新鋭プロセスとしての妨げになっている。
石川鋳造所は他に先駆けて、いちはやく本プロセスを導入し生産現場としての実績を重ねているが、一方で造型工程に起因する鋳物不良対策に多くの時間を費やしてきた。本事業は、これまでに蓄積してき不良対策データを基に、造型機の研究開発設計を行う。


協賛

東大阪市立産業技術支援センターホームページはこちら
〒577-0065 東大阪市高井田中1丁目5番3号 電話:06-6785-3325
地下鉄中央線高井田駅より南徒歩15分、近鉄奈良線布施駅より北東徒歩15分
当センター3階 (株)石川鋳造所 消失模型事務所ホームページはこちら
代表:池永明(元大阪府立大学大学院工学研究科・(社)日本鋳造工学会関西支部消失模型鋳造法研究会委員長)