株式会社石川鋳造所|トップページへ

将来に繋がる新たな鋳物造りに
真摯に取り組む 株式会社石川鋳造所

お問い合わせ お問い合わせ
認められた技術 認められた技術
石川鋳造所

平成の時代に入り、我が国で最古の鋳造貨幣 富本銭 が見い出されましたが、人類の発展の過程を振り返ると、そこには必ず物を造りだすという行為と共に進んできたという事実があります。時代と共に継承・継続されてきた人々の営みの中で最も古い造形物の一つに 鋳物 があります。 私達は、従来鋳造法(生砂造型鋳造)で、FC・FCD・アルミ合金に至るまであらゆる生産に対応して参りました。 また、消失模型鋳造法の分野では、研究事務所も開設し、日本屈指の生産拠点と自負しております。様々なサンプル鋳物から、量産鋳物までお客様のニーズに対応してまいります。

代表取締役 石川 澄壽



消失模型とは
消失模型とは
図面通りに形成された特殊な発泡スチロールに耐火塗型を塗り、乾燥した後に、乾燥鋳物砂の中に埋設し、模型を抜き取ることなく金属溶湯を注湯し、溶湯金属が模型と瞬時に置き換えられることで、ロスト.ワックス並に精密度が高く、しかも、ロスト
ワックスよりも低価格で非常に鋳肌が滑らかで美しい鋳造品を製造する方法です。
従来の生砂鋳造法との比較では、鋳物形状の選択により、原価の低減・納期の短縮・品質の向上・多種目の合成・加工過程を短縮できるだけでなく、トータルにコストダウンも実現します。

消失模型とは